本日の日経平均は401円安となり、終値ベースでも25日移動平均線を割る展開となりました。
相場分析レポートでは、しばらくレンジ相場が続く展開を想定しながらも、
いつ相場がレンジをブレイクしても良いようにポジションをとっており、
今もこの戦略を継続しております。

先物を高値で買ってしまうと、今週のような大きな下落では損失が大きくなってしまいますが、
先物を安値で買っておけば、今週のような大きな下落でも含み益が減るだけで損失にはなりません。
そして、予め半玉を利食いしておくことで、残りはトレーリングストップを設定して維持することで、
レンジ相場が継続するならトレーリングストップがつかずにポジションが維持される可能性があり、
レンジをブレイクすれば、それが上なら大きな利益となり、
それが下ならトレーリングストップ(利益確定の逆指値)がつくだけです。

売買戦略については、今後も中期トレンドに乗る形で
買いで利益を狙うのか、
売りで利益を狙うのかを
予め決めた上で淡々と売買戦略を実行し続ける方針です。

相場を細分化して見すぎてしまうと、
細かい値動きを考慮しすぎてしまい、
本来は無視すべきランダムな値動きまでも考慮せざるを得なくなりますので、
相場を細かく見すぎるのは良くないと考えております。

ランダムな相場はあまり考えないようにするか、無視するようにして、
分かりやすいパターン(逆三尊や三角保ち合い、重要日柄で節目に到達など)が出た時に
迷わず淡々と戦略を実行する方が、
不要な労力を費やすことなく、損失を未然に防ぎ、
利益を積み上げることができるというのが私の考えです。

さて、3月期末の配当や、株主優待が続々届いております。
IMG_9401 (1)
こちらは「3844コムチュア」の株主優待でクオカードです。
300株以上でもらえます。

IMG_9265 (1)
こちらは「8473SBI」の株主優待で無料引換申込券です。
100株以上でもらえます。

IMG_9311 (1)
こちらは株主優待ではありませんが、
ふるさと納税の返礼品です。
私のお気に入りNo.1の「福岡県福智町」のふるさと納税の返礼品のうなぎです。
200gの大きな鰻が4尾と、鰻の肝が2つ、さらに、いか明太もついてます。
今年は既に2回目の申し込みになりました。

何もしなければ単に税金を徴収されるだけですが、
ふるさと納税を利用すれば返礼品を受け取ることができます。

所得税は累進課税ですので、
所得が多いと税率も高くなってしまいますが、
ふるさと納税は高所得者にとっては、数少ない有利な制度です。
このふるさと納税を発案したのは、菅義偉官房長官(当時の総務大臣)です。
東京などの都市圏からは批判が多いのは当然ですが、
本来の目的は都市圏と地方圏との税収の格差是正ですので、
地方はこの制度を上手く利用して税収を増やすのが目的なのです。
また、私はふるさと納税により、「福岡県福智町」を知ることができました。
地方にとっては観光による地域活性化も期待ができます。
どのような政策にもメリットとデメリットがありますので、
ふるさと納税は地方圏にとってはメリット、都市圏にとってはデメリット、
そして我々納税者にとってはメリットが大きいというのが結論になるでしょう。
20180604

日経225ミニ先物の決済損益、スイングトレード20180604b

また、期日のある先物と、
期日のない株式は、戦略が異なります。
期日のない株式は時間を味方につけた売買が可能で、
これは個人投資家だからこそできる売買戦略です。


【転換後に空けた窓】日経平均・日本株の見方と売買戦略 日経225先物 株 日経225オプション 日柄分析 重要日柄で安値をつけて翌日にギャップアップ 信用評価損益率 空売り比率(6月4日公開)
 

【高値で売り抜けを狙う】日経平均・日本株の見方と売買戦略 次の重要日柄に向けて投資家心理は強気に傾く 総悲観で買い、楽観で利益確定するのが最も損小利大が成功しやすい 日経225 株 日柄分析(5月5日公開)


相場ノウハウ満載の勝ち組トレーダー育成無料メルマガの登録はコチラ

 



日柄分析講座0506


*日柄分析の手法は「日経225オプション講座」や「日柄分析講座」で説明しております。
バブルや暴落もチャンスに変える「日経225オプション講座」の詳細は
弊社ホームページをご覧ください。
日経225オプション講座0506
数日で5倍~10倍の値上がりを狙う日経225オプション講座
 

私は定期的にYoutubeに動画を公開しております。
定期的にYoutubeに顔を出してお話ししているのは自信があるからです。

自信があるからこそ堂々と顔を見せてお話しできるのです。

この業界は残念ながら悪質な投資顧問や自作自演のレビューサイトもあります。
代表者の顔写真さえも掲載されていない業者は
悪評が立つと頻繁に名前を変え、住所を変え、何度も新しいサイトを立ち上げます。
架空の住所(またはバーチャルオフィス)を掲載している業者や、
自社サイトに架空の実績を載せていたり、
自作自演の口コミサイトを作り自社に有利な架空の内容を載せ高評価をつけ、
逆に他社は低評価やウソの悪い評判を流して陥れる業者や
他人の顔写真を無断で載せている悪質サイトもあります。
そもそも一般の人がネット上に顔写真を載せて
投資顧問や情報商材をオススメすることはその業者と利害関係が無い限りは考えにくいことなのです。
そうでないのなら勝手に顔写真を使われていると考えるのが自然です。
また、架空の住所を載せることは論外ですがこのような悪質な業者も存在し、
バーチャルオフィスの住所を載せることも道義的にも常識的にも本来はおかしいことなのです。
また、バーチャルオフィスにも毎月費用がかかりますが、
わざわざ費用をかけてまで自分の居場所を知られないようにしている理由、
実際に仕事をしている住所を堂々と載せられない理由は何なのかを考えてみてください。
口コミサイトやレビューサイトも高評価の投資顧問や情報商材と利害関係があることを疑ってみるべきです。
高評価の業者と口コミサイト、レビューサイトには利害関係がある(グルになっている)を疑うべきであり、
このような業者が誠実であるはずがありません。
業者の選別方法はインターネットの情報を鵜呑みにしてはいけません。

相場で利益を上げ続けるためには自分自身の技術力アップは必要不可欠ですし、
自分で考える力も重要です。
自分で考えることができないと上記の悪質な投資顧問や
自作自演のレビューサイトにまんまと引っかかってしまいます。
それらに引っかかって損をしてしまうほどもったいないことはありません。

高田資産コンサルは今後も定期的にYoutubeで顔を見せてお話をさせていただきます。

本気で相場の技術力を向上し、
相場で長く勝ち続ける技術を身につけたい方は
高田資産コンサルの会員入会をご検討ください。
高田資産コンサルは真面目がモットーです。

よくある投資顧問や有料情報などと違い、
弊社では黄金比の日柄分析で相場の天底を事前に把握すること、
正確なデータに基づく投資家心理、
確固たる売買ルール、
ぶれない相場分析が強みです。
誰よりも相場を真面目に研究し続けてきたからこその技術なのです。

的中度の高い弊社の会員レポートでは今後の日経225先物や東証マザーズ指数、ドル円相場が今後どうなるのかもはっきり示しております。
今とるべき戦略や、今後の相場がどうなるのか知りたい方、
独自の相場スキルを身につけて今後の相場で勝ち抜きたい方、
実践で通用する相場ノウハウを学びたい方は高田資産コンサルのホームページへぜひお越しください。

高田資産コンサルHPはコチラ↓  
高田資産コンサル公式Youtubeはこちら

20180604
5月21日~6月1日の重要日柄は、
5月21日に23050円の高値をつけ、
5月30日に21931円の安値をつけ、
それ以降はレンジ相場が続いております。

このように重要日柄で高値と安値をつけた相場は、
前提としてレンジ相場を想定しておくことになります。
その後、時間の経過とともに波動が明らかになっていき、
相場が煮詰まっていくとレンジをブレイクすることになります。

すぐにレンジをブレイクするのか、ある程度時間をかけてからレンジをブレイクするのかを
事前に判断することは難しいですが、日経平均の季節性(特徴)の考え方は役立ちます。

日経225先物については下の表の通り、現在も21940円の買建は維持しております。
他の投資家よりも有利なポジションはトレーリングストップを設定して建玉を維持し、
その後の新規エントリーについては
勝てる見込みが高ければエントリーする、
勝てる見込みが50%以下なら迷わず見送りする、
これを徹底し、不要な売買をしなければ、不要な損をすることも無く、
勝てる見込みが高いチャンスが訪れれば淡々と勝負することができます。

やってはいけないのは、買ったり売ったりしながら結局資金を減らしてしまい、
再びトレンドが発生した時にそのトレンドに全く乗れなくなってしまうことです。
買ったり売ったりしながら結局資金を減らしてしまうのであれば
最初から不要な売買をしなければよく、
勝てる見込みが高ければエントリーする、
勝てる見込みが50%以下と考えれば迷わず見送りする、を徹底すれば良いのです。

勝てる見込みが高い所に絞って売買すると、下表の通り自然に売買回数は少なくなります。
日経225ミニ先物の決済損益、スイングトレード20180604b

また、期日のある先物と、
期日のない株式は、戦略が異なります。
期日のない株式は時間を味方につけた売買が可能で、
これは個人投資家だからこそできる売買戦略です。


【転換後に空けた窓】日経平均・日本株の見方と売買戦略 日経225先物 株 日経225オプション 日柄分析 重要日柄で安値をつけて翌日にギャップアップ 信用評価損益率 空売り比率(6月4日公開)
 

【高値で売り抜けを狙う】日経平均・日本株の見方と売買戦略 次の重要日柄に向けて投資家心理は強気に傾く 総悲観で買い、楽観で利益確定するのが最も損小利大が成功しやすい 日経225 株 日柄分析(5月5日公開)


相場ノウハウ満載の勝ち組トレーダー育成無料メルマガの登録はコチラ

 



日柄分析講座0506


*日柄分析の手法は「日経225オプション講座」や「日柄分析講座」で説明しております。
バブルや暴落もチャンスに変える「日経225オプション講座」の詳細は
弊社ホームページをご覧ください。
日経225オプション講座0506
数日で5倍~10倍の値上がりを狙う日経225オプション講座
 

高田資産コンサルHPはコチラ↓
高田資産コンサル公式Youtubeはこちら

↑このページのトップヘ