20181031takadaconblog
上記は今朝配信の相場分析レポートの一部ですが、
教科書通りの展開になるのであれば、
今週の日経平均の週足がどのようになるのかは自ずと絞られます。

日経225ミニ先物の決済損益、スイングトレード20181031bb

上図の通り、この10月の大荒れ相場も日経225先物で利益を積み上げることに成功しておりますが、
積極的に攻めるべき時と、逆に守りを固めるべき時をしっかりと理解した上で相場に臨めば、
今月のような大荒れ相場でも退場するのを防ぐことができ、
その後の利益のチャンスをつかむことが可能です。

私が今の相場をどのようにみて、どのように対処しているのかを
相場分析レポートに明記しております。


【教科書通りの下放れ・暴落】日経平均604円安!暴落に上手く対応する リーマンショック ライブドアショック チャイナショック(10月23日公開)

株や日経225先物で勝ち続けるための相場の教科書aa
「株や日経225先物で勝ち続けるための相場の教科書」はこちら

日柄分析講座0506

「日柄分析講座」はこちら

*日柄分析の手法は「日柄分析講座」で説明しております。

相場ノウハウ満載の勝ち組トレーダー育成無料メルマガの登録はコチラ

高田資産コンサルHPはコチラ↓  
高田資産コンサル公式Youtubeはこちら