相場の世界は、一般社会とは違った独特の世界です。

株や先物での利益(運用益)が生まれるのは、
それに投資する人がいるからですが、
投資する人全員が儲かることはありません。
バブルでは多くの投資家が儲かりますが、
それは一時的なもので、バブルが弾けることで
結局は損をしてしまう投資家が多数出ます。

相場はこのような構造ですので、
他の投資家に勝つことが、
相場での安定的な利益に繋がるというのが高田資産コンサルの考えです。

しかし、他の投資家に勝つことは容易ではありません。
相場の世界には、資金も情報量も豊富にある大口投資家がいますし、
百戦錬磨の投資家も多数いて、
彼らと同じ土俵で戦わなければいけません。

並みの投資家では、
彼らに利益を持っていかれる(彼らの利益の原資になる)可能性が高いです。

相場の技術が彼らに負けないレベルに達することができれば、
彼らの利益の原資になることを防ぐことができ、
着実に利益が積み上がるようになってくるはずです。
そのためには相応の勉強と実践を繰り返すしかないと考えております。

日経225ミニ先物の決済損益、スイングトレード20181102a
この荒れ相場でも上記の表の通り、着実に利益を積み上げることに成功しております。
今年の売買戦績は11勝2敗1分けです。

私が今の相場をどのようにみて、どのように対処しているのかを
相場分析レポートに明記しております。

株や日経225先物で勝ち続けるための相場の教科書aa
「株や日経225先物で勝ち続けるための相場の教科書」はこちら

日柄分析講座0506

「日柄分析講座」はこちら

*日柄分析の手法は「日柄分析講座」で説明しております。

相場ノウハウ満載の勝ち組トレーダー育成無料メルマガの登録はコチラ

余計な経費をかけていないため安くサービスを提供しておりますss

高田資産コンサルのホームページ(https://www.takadacon.jp/)は全て私自身が作っています。

理由は、余計な経費をかけずにできるだけ安く会員サービスを提供したいからです。

経費をかけてホームページ制作を外注すればその分は販売代金に上乗せせざるを得ません。

高い事務所費や人件費なども同じであり、

固定費が高くなってしまうとその分は販売代金に上乗せせざるを得ません。

仮に、高田資産コンサルがスタッフを雇い、大都市に立派な事務所を構え、

ホームページ制作を外注し、Google等に広告を出した場合、

会費は今の3倍に値上げせざるを得なくなります。

逆算すると、広告費や高い事務所費や人件費などの経費をかけている会社の商品は

そのかかった経費の分を販売代金に上乗せして販売しているということです。


また、高田資産コンサルは広告費もかけておりません。


グーグルやヤフーに広告を出せば確実にアクセスは増えますが、

その経費は販売代金に上乗せせざるを得なくなります。

そうしたくないため、広告費を一切かけずに

Youtubeやブログを最大限に活用しているのです。


経費をかけるとその経費の分は実質は

利用者(お客様)が負担することになります。

広告費や人件費、高い事務所費をかけている会社の商品は

販売価格にその経費が上乗せされていますが、

高田資産コンサルのように経費をかけない会社の商品は

相対的に安く提供できます。


そのような余計な経費をかけずに、

できるだけ安く会員サービスを提供するために

高田資産コンサルのホームページは外注せずに全て私自身が作り、

広告費、人件費、事務所費も極力かけないように努めております。


高田資産コンサルHPはコチラ↓  
高田資産コンサル公式Youtubeはこちら